俺の夏はこの日のためにあったようなものだった。

去る8月21日

第二回 PSUフレの身内向けのオフ会を開催させていただきました。



オフ会参加者は大佐を除いた前回参加者と新規で若干名増えまして、8名。


今回は前回出来なかった事を思いっきりやろうという趣旨の元、
オールをも辞さないという覚悟で自分の知り合いや
参加者の方のお知り合いの方とを合せてお声をかけさせて頂きました。

大概の方は結構乗り気で夢の2桁になるかとも思いましたが、
スケジュールの都合やシャレにならない急用とが重なりまして、
敢え無く参加不可能となった方が何名かいらし、上記の数字に落ち着く形に。

全員が全員うまく行ってたら、
或いは12、13くらいは行ってたかも知れません。


予定としては、前回同様 秋葉原ヨドバシカメラ入り口前にてメンバー集合。
12時に昼食を取り、13時~15時半頃まで自由時間。
そのあと夜の7時までカラオケの時間をとり、
その後は再び自由時間という流れとなりました。

11時頃に面識のあるメンバーの皆さんを発見。
もう一名、ウチのみと面識があったフレの方とお会いし、ご挨拶。


意外なことにスカッシュさんが遅れていた。

電話連絡。

「あ、もしもし?集合時間過ぎちゃったけど何かありました?」
「ああ・・ すみません。
 ちょっと仕込みがありまして、荷物を整理で少し遅れちゃっています。
 よろしかったらお先にどうぞ」

仕込み・・? 何か一抹の不安が・・。


参加者のスケージュル的な都合で二名は2時3時頃に到着。
ひとまず5人でヨドバシを冷やかしに行ってきました。

30分後、スカッシュさん到着。
場の雰囲気が一気にメイン盾来た!これで勝つる!
状態になったのは言うまでも無い。





昼食はヨドバシ内にあるしゃぶしゃぶバイキング店 但馬屋。
事前に予約を取ってまして、12時という時間帯にかかわらず、
楽に席をとることは出来ました。 ビバ予約。

c0094293_2261627.jpg


c0094293_227449.jpg


どういう料理が来たかは、上の写真の通り。
ランチメニューを注文しまして、一時間のコース、
ドリンクバー付きで一人1780円となりました。
ええ、もう、お得でしたよ。おまけのデザートにアイスまでありましたから。

参加者の中には女性もいらっしゃったんですが、
「私 女だけど肉は苦手で・・」という方はおらず、
フルタイム、フルスロットルでいただく事が出来ました。
そう。フルタイム、フルスロットルなんです。
時間いっぱいに食っても食っても腹いっぱいになることはなく、
いくら野菜や肉を入れてもお腹いっぱいにならない。

部活動の体育会系男子の丼盛りみたいにご飯山盛りの
ご飯を合せて食べてようやく腹一杯になるみたいで、
普通盛りだったウチは一時間フルで野菜や肉を食べても腹八分程度でした。


c0094293_228095.jpg



シャキーン

こういう鍋料理が出ると不思議なもので、役割分担というのが自然と現れ、
今回の場合は鍋奉行 創さん スカッシュさん  サブ奉行 お茶汲み担当 俺
アク取り名人 コノミさんという流れで飯を食らう形に。

「あ、一番やっちゃいけないことやっちゃった・・」

あんまりにペースが早かったので、
互いの箸で同じ肉をつまんでしまった事もありました。
何がいけないのかはテーブルマナーをぐぐってみよう。



c0094293_2284218.jpg


201X年 地球は核の炎に包まれた。



そんなこんなでしゃぶしゃぶ鍋は
どこかの活火山の噴煙のようなダシを除いて
スタッフが綺麗に頂きました。ごちそうさまでした。

参加者の皆様も食いっぱぐれるという事はなく、
満足した様子。 皆で打合せした甲斐があった。





そのあとは腹ごなしにラジオ会館にて暇つぶし。

参加者の創さんは目当ての書籍を探すため。
コノミさんは仮面ライダーカブトのフィギュアーツが欲しいと
呟かれまして、それをワタクシ、見事見つけ購入に至ったり、

完全に前回のオフと同じ流れですが、まったく飽きることなく
フィギュアや商品を見て買って楽しむことが出来ました。

ウチの収穫物はあとで紹介します。




2時半頃に合流予定だったキャトルさんから携帯連絡が入り、
一同秋葉原駅電気街口にて到着を待つ。
そこで、


ス「さて・・そろそろ被るかな」

え・・?ちょ・・ 何を・・・?


c0094293_229928.jpg



おいィ!? ウォーズマンのマスクとかあまりにも反則すぎるでしょォ!?



時は遡りオフ前日の事。

「さて・・明日はどういう服装で行けばいいかな」

「前回と同じで大丈夫じゃないですか?」

「キン肉マンTシャツにマスクか・・」

「そーっすねー 前回キン肉マンのマスク持ってきてくれたし、
 今度はウォーズマンのマスクあたりかぶって頂いて
 集合する皆さんの目印にしましょうかwwwww


これが俺の発言



なんということでしょう。グラールでのPC名
スカッシュ・B・ウィンド(フルネーム)さんは
私が口走ったこの軽はずみな発言によって本当にウォーズマンのマスクを
持参されてしまったのです。
ていうかどこから持ってきた。


「コーホー・・ コーホー・・」
コーホー言うなw
ああ、ほら通行人がなんかニヤニヤした目でこっちを見てる
裏返った声で「あれウォーズマン!? うははははwww」「スゲェ・・!」だって。


「個人的にはロビンマスクも良かったんですが」
「アレは欲しかったんだけど高かったんだよね。
 さすがに36万円じゃ手が出せないから」
「高! でも売ってるのかよ!?」


こっちも久々のオフ日で気分が恐ろしく高揚しまして、
待ってる間、なんかもーどうにでもなーれ的な精神で、
公衆の面前でキン肉ファイトを繰り広げてしまいまして、
ウォーズマンにパロスペシャル食らいながら
キャトルさんの到着をお待ちしておりました。

警察や駅員さんが横切った時は表情が凍りついて
職質されるかと思ったけど別にそんなことは無かったぜ。


思いの他通行人は生暖かい目で見てくれましたが、
取っ組み合ってる周囲の半径7M程
人混みが薄れていたのはきっと気のせいだろう。


20分後、到着したキャトルさんは後に
これは初対面であったら
合流せずに離れて遠くから眺めてるくらいの衝撃


と語ったという。

身内補正と面識補正がかかってなかったら
多分、俺も同じ行動とっちゃってたかもなあ。



後編のカラオケ編に続く。
[PR]

by masakuur | 2010-08-24 02:31 | 企画モノ

<< 俺の夏はこの日で終わった。 久々にブログ日記 >>